2019年3月23日土曜日

アフリカの弓奏弦楽器

アフリカの楽器は、パーカッションと弦楽器が多彩だ。なぜかラッパや笛の類・・・つまり吹く楽器がほとんど無い。
なぜだろう。分からん。
分からんことは分からんのでしょうがないけど、ひょっとしたら、リズム好きな音楽文化が影響しているのかもしれん。 パーカッションはもちろんリズム主体。そして、ここに紹介する弓奏弦楽器(弦をこすって音を出す)も、美しいメロディを奏でるというよりも、リズミカルに歌の伴奏をするという使い方をしている。
ゴンジェ Gonje
アフジェリア / ニジェール


インザド imzad
アルジェリア


マセンコ masenqo
エチオピア


オルトゥ orutu
ケニア

アフリカの弦楽器は「はじく」と「こする」がある。
はじく楽器は弦が複数備わっているのに対し、こする楽器は、弦が1本だけというのが特徴。こする弦楽器は、なぜ1本弦なのだろう。やはり分からん。分からんのだけど、リズム好きからすると1本で十分なのかもね。


弦楽器の図鑑

2019年2月12日火曜日

タイ王国の弓奏弦楽器 Thai bowed string instrument

弓奏弦楽器は、馬の尻尾の毛などを取り付けた弓で弦をこすって音を出す楽器。こすって演奏することから擦奏楽器とか擦弦楽器との呼び名もある。


タイ王国の弓奏弦楽器
Thai bowed string instrument / เครื่องดนตรีโค้งคำนับ
ソー・サム・サイ Saw sam sai タイ王国の弦楽器 เครื่องดนตรีโค้งคำนับ
ソー・サム・サイ / Saw sam sai / ซอสามสาย

ソー・ドゥアン Saw duang タイ王国の弦楽器 เครื่องดนตรีโค้งคำนับ
ソー・ドゥアン / Saw duang / ซอด้วง

ソー・ウ Saw u タイ王国の弦楽器 เครื่องดนตรีโค้งคำนับ
ソー・ウ / Saw u / ซออู้

ソー・バン Saw bang タイ王国の弦楽器 เครื่องดนตรีโค้งคำนับ
ソー・バン / Saw bang / ซอบั้ง
IROMBOOK 弦楽器の事典

2019年1月22日火曜日

中国の弓奏弦楽器

弦を馬の毛でこする という弦楽器(弓奏弦楽器)の発祥の地はどこなんだろう

  • モンゴルあたりで生まれた。
  • いや、ペルシャあたりの西アジアで生まれたんだ。
  • 違う、インドかセイロンあたりに違いない。
  • さらには、エジプトだという意見も。

 あれこれと突き詰めることに熱心な方もおられるようだけど、私としては弓奏弦楽器がどこで生まれたかと特定する必要なんかないんじゃないとも思ったりする。一箇所の特定の場所で生まれたのではない。世界中に音楽好きの人が住んでいるんだから、東西南北、複数の地域で生まれたと考えるほうが自然じゃないかな。

「胡」の意味は

今回登場する中国の弓奏弦楽器はどこからやってきたかという事を考えてみても、なにかよくわからない状態になってしまう。二胡とか京胡、そして総括した名前の胡弓・胡琴とかにある「胡」という文字をキーワードとしてとらまえるてみよう。
 中国からみて西側の地域が「胡」であり、シルクロードの意味合いも含まれているという。ということは「胡」は西アジアのことである。 このあたりをふまえてだろう、二胡の祖先はペルシャあたりから伝来したという記述をよく見かける。
 しかしながら「胡」は、もともと西側ではなく、もっと古くは北側の地域を意味する言葉であったという。それならモンゴルの方角から伝来したということになる。

 楽器ではないが「胡」のつく名前としては、胡椒や胡麻がある。これらの植物を育てて栽培を始めたんはインドらしい。ということは「胡」は中国からみて南のほうを指すのか。 それとも胡椒や胡麻はインド→ペルシャ→中国 と回り回って伝わったから、西側から伝来した植物といことになるのか。
ね、よく分からんでしょう。
二胡(erhu/アルフ/にこ)
二胡(erhu/アルフ/にこ)
 中国の弓奏弦楽器といえば二胡。全体はハンマーの様な形をしており2本の弦が張られている。2本の弦なので二胡である。
弓の馬毛はこの2本の弦の間に挟まっていて、本体と一体になっている。
細長いネックがついているが、指板がなく弦は中に浮いている状態。
なので、ビブラートやスラーを効果的に効かせることができる。クネクネとした独特のメロディを奏でることができるのは、この構造と演奏方法によるものである。

中胡(zhonghu/チョンフー/ちゅうこ)
中胡(zhonghu/チョンフー/ちゅうこ)
 中胡は二胡より少し大きい。

四胡(sihu/スーフ/しこ)
四胡(sihu/スーフ/しこ)
 4本の弦なので四胡だ。馬の毛は4本に絡んで取り付けられている。

京胡(jinghu/ジンフ/きょうこ)
京胡(jinghu/ジンフ/きょうこ)
 小さい。本体胴もネックも竹で作られている。

板胡(banhu/バンフ/ばんこ)
板胡(banhu/バンフ/ばんこ)
 二胡の仲間は音響胴の表面はヘビ皮などを貼り付けてあるが、板胡は木板でできている。

墜胡(zhuihu/ツイフ/ついこ)
墜胡(zhuihu/ツイフ/ついこ)
 指板がないのが二胡の仲間の特徴であるが、墜胡には指板がついている。

革胡(gehu/ゲフ/かくこ)
革胡(gehu/ゲフ/かくこ)
奇妙な形が特徴的。西洋のチェロを意識して中国デザインを取り入れたもの。チェロと同様の指板がついている。

缶詰のような筒型の音響胴に細長いネックを取り付けたスタイルの弓奏弦楽器は、東アジア独特のデザインで、北はトゥバやモンゴル、南はベトナム・タイ・カンボジアでも愛用されている。

2018年12月13日木曜日

チェリスト ヨーヨーマ

ヨーヨーマ(YOYO MA/馬友友)
ヨーヨー マ(YOYO MA/馬友友)
ヨーヨー・マ(馬 友友)は中国系のアメリカ人。中国語では「馬友友」だけど、欧米流にファーストネームを最初にして「ヨーヨー・マ」で通っている。両親とも音楽家でフランスに渡り住み、ヨーヨーマはパリで生まれた(1955年10月)。
その後、ニューヨークで活動。
4歳の頃よりバイオリンやチェロを習い、現在では世界最高のチェロリストして認められている


2018年11月11日日曜日

裏側にハープを備えた弓奏弦楽器

ヨーロッパのビオラ・ディ・ボルドーネ。ヨーロッパの旧い時代(18世紀ごろ)に使われていた楽器で、英語ではバリトン(Baryton)。
音楽用語で、バスとテノールの間の声域もバリトンというが、この場合つづりは Baritoneだ(語源は同じかもしれないけど)。
本体を脚に挟み、弓でこすって演奏する...現在のチェロに似ている...楽器は、ヨーロッパにはたくさんある。
ビオラ・ダ・ガンバ、リラ・ダ・ガンバ、リローネ、アルペジョーネなども脚に挟んで弓で弾く。
ビオラ・ディ・ボルドーネ /バリトン (Viola di bordone / Baryton)
ビオラ・ディ・ボルドーネ(バリトン)
そんな中でバリトンはちょっと違う。弓奏と撥弦のハイブリッドだ。太いネックの裏側は箱のように空間があって12本ほどの弦を張ってある。
この裏側の弦は左手の親指ではじく。ネックの前面では4本の指で弦を押さえる操作を行いつつ、親指は裏でビンビンとはじくのだ。
アタックの強い音と、ロングトーンの音を同時に演奏できるので、楽曲としての幅は広くなる。だけど、演奏はとてもむずかしいだろうね。
ネックの裏側に弦を張ってある。親指で弦をはじく。
ネックの裏側には12本ほどの弦が張られている
ハイドン(Franz Joseph Haydn)は、このバリトンのために200曲近い楽曲(バリトンの独奏曲やバリトンを含む器楽曲)を作ったという。「こすり」「はじき」を一緒くたに、どんな楽譜を書いたんだろう。演奏者は苦労したに違いない。


2018年10月4日木曜日

ラバナハッタ ravanhatta

ラバナハッタ ラーヴァナハッタ Ravanhatta (Ravanahatha) を演奏する人のイラスト
ラバナハッタ(ラバンハッタ ) ravanhatta
ラバナハッタ(ラーヴァナハッタ)は、一般民衆で使われているインドの楽器。弓で弦をこすって演奏する「弓奏弦楽器(擦弦楽器)」で多くは歌の伴奏として愛用されている。

The ravanahatha's sound box may be a gourd or coconut shell, with a membrane of stretched goat. a neck of bamboo or wood is attached.
サウンドボックス(音響胴)は瓢箪やココナッツの殻で出来ていいて、表面は獣(ヤギなど)の皮を張り付けてある。ネックは竹、または木の筒で出来ている。
インドの弓奏弦楽器

2018年8月15日水曜日

カマイチャ ( kamaicha / khamaycha )

カマイチャ ( kamaicha / khamaycha ) インドの弦楽器
カマイチャ
インド(主に北西部のラジャスタン州 Rajasthan)の弦楽器。弓で弦を擦って音を出す。

Kamaicha, one of the oldest bowed instruments, is the heart and soul of the, this Rajasthani folk music.
とても古い歴史のある弓奏弦楽器カマイチャは ラジャスタン民族音楽の魂。

3本のガット(動物の腸からできた弦)がメロディ弦で、メロディ弦の下には10本以上の金属製共鳴弦もはられている。

2018年6月10日日曜日

goje

goje : West-African(hausa people) bowed instrument.
goje
The goje is one or two-stringed Instruments from West Africa.it is played with a bowstring.
lizard skin or Snakeskin covers a gourd body.
ゴジェは、西アフリカの楽器で歌の伴奏としてよく使われる。1本(2本弦もあるようだ)の弦をもつ弓奏弦楽器。音響胴は瓢箪に皮(蛇やトカゲがよく使われる)を包んだ構造をしている。

2018年4月13日金曜日

ニッケルハルパ nyckelharpa

スウェーデンのニッケルハルパ nyckelharpa ( keyed fiddle , key harp )
nyckelharpa
A nyckelharpa is a traditional Swedish string instrument.
Its keys are attached to tangents which, when a key is depressed, serve as frets to change the pitch of the string.
ニッケルハルパはスウェーデンの伝統的な弦楽器。
キーを押さえて弦の長さ(音のピッチ)を変えるようになっている。

"nyckel"はキーで、 "harpa"はハープ。漢字で書くと「鍵琴」となるかも。英語では "keyed fiddle"とか "key harp"と呼ばれることもあるらしい。


2018年1月15日月曜日

フシュタール

フシュタール khushtar
フシュタール khushtar
中国の西側、様々な文化が混ざり合っている地域・・・・新疆ウイグルには、アラビア圏の影響を受けた楽器が多い。
フシュタールはそのひとつ。弦を擦って音を出す。弦は4本。
ヘッド部分には鳥の彫刻があって、指板や表板の文様も手がこんでいて、なかなか美しい造り。私達が知る中国中国したデザインとはちょっと異なる。胴の底は寄木細工で丸くなっている。これはアラブ圏にあるウードからの伝統かもしれない。
エンドピンには膝に載せて固定するためのスタンドがついていて、楽器を垂直に立てて演奏する。
胴のウェスト部分の左右はスプーンで切り取ったようにへこんでる。これは、弓がそれぞれの弦にキッチリと接触するするために角度を変える必要があり、弓が胴にぶつからないようになってるわけだ。
現在のバイオリンと同じ調律を採用しており、弓も入手し易いバイオリン用を使うことが多くなってきている。 ただし、弓の持ち方は伝統通り下から握る。

2017年12月12日火曜日

ストロー バイオリン

ストロー バイオリン stroh violin
ストロー バイオリン stroh violin
ストローバイオリンはバイオリンを元に改良された楽器。
缶詰の空き缶にラッパのベル(朝顔)部分を取り付けたような構造。金属の振動で音響効果を高めている。この構造は、1900年にイギリスで特許を受理された。
まだ録音機材が発達していなかった時代、ラッパから出る音は指向性が強いので録音用バイオリンとして重宝されたという。

2017年11月1日水曜日

Apkhyarta

apkhyarta
apkhyarta
The Apkhyarta is a bowed long-neck Instruments from Abkhazia.
 Apkhyartaは、黒海近くのアブハズ地方で使われているネックを持つ弦楽器です。

Apkhyarta is a two-stringed instrument with a narrow spindle-shaped frame, played with a bow and usually carved from alder wood.
 Apkhyartaは、弓で演奏する弦楽器。通常はアルダーウッド(ハンノキ)を紡錘形に削り出し、2本の弦が張られています。


2017年9月22日金曜日

チュニリ (Chuniri / Chianuri)

グルジア(ジョージア)のチュニリ / Chuniri / Chianuri
チュニリはグルジア(2015年よりジョージアと呼ばれることになった)の弓奏弦楽器。
山岳地帯のスヴァネティ(Svaneti)が発祥の地といわれ、その周辺に伝わった。
伝統的なチュニリは、葬儀などのときに演奏されることが多く「Chuniriは悲しみのためのもの」とも表現されたらしい。
チュニリ
薄い長方形の木の板をぐるりと丸く円筒状に巻き、片面の皮を張ってある。
音質は天候に影響されやすく、奏でる音によって天気予報をすることさえできた。
チュニリの裏側
巻きつけた円筒胴に片面だけに皮を張ってあるので、胴体の裏面は筒抜け状態。

2017年6月28日水曜日

ネパールのサーランギ

サーランギを演奏する人
ネパールのサーランギ
インドのサーランギは比較的よく知られているが、これはネパールのサーランギ。
一本の木材から削り出しており、園芸などに使うスコップのような形にしてある。共鳴させる箱部分の表面は開いた状態になっており、表面3分の1くらいに皮が張ってある。その皮にブリッジが添えられ、弦の振動を伝えている。

 右手にもった弓で弦をこすって音を出すのはバイオリンやチェロなどと同じ。ただし、弦長を変える(音程を変える)左手(指)の操作は西洋の楽器とはちょっと違う。左手は弦に爪を押し当てる。弦の横から押し当てるわけだ。ちょっとち違うというよりだいぶ違うかな。
指の背中で抑え込むもんだから爪の生え際(甘皮)のところにタコ(?)ができるとか。
弦長を変える この痛そうな方法は、サーランギに限った特別な演奏方法ではなく、インドも含めアジアの西部南部では割と多くの弓奏楽器で用いられている。
ネパールのサーランギ


2017年3月8日水曜日

胡弓(胡琴)の仲間

東アジア一帯で使われている弓奏楽器。
他の地域には無い独特の構造を持ちで、弾き方も独特だ。 代表的なものは中国の二胡(アルフ、日本語では「にこ」と読む)。この「胡」は「西の地域」を意味する。 この名から、ペルシャあたりの西アジアから伝わったのだと思われるが、構造、演奏方法は独自に発展している。 

特徴は下記の通り。

  • 全体のデザインは、ハンマーの様な形をしていて演奏時に立てて構える。
  •  共鳴胴は筒型で小型の太鼓みたいな構造で、表面に蛇の皮が張ってある(木板のものもある)。
  •  基本的に2本弦で、弦と弦の間に弓の毛が挟まっている。弓の毛は表裏を使い、それぞれの弦をこする。
  •  ネックは棒状で、弦はネックから離れた状態で張られている。そのため弦を押さえる時に弦の張り強さを変えることができるので、クネクネとした滑らかな旋律を奏でることができる。

アルフ 二胡
中国

日本では二胡を日本語発音で「にこ」とよぶ。
アルフ(二胡) 中国
ジンフ 京胡
中国

日本では京胡を日本語発音で「きょうこ」とよぶ。
ジンフ(京胡) 中国
ヘグム 해금
韓国
ヘグム 韓国
ソー・ドゥアン ซอด้วง
タイ
ソー・ドゥアン タイ ซอด้วง
ソー・ウー ซออู้
タイ
ソー・ウー タイ ซออู้
サロー สะล้อ
タイ
サロー タイ สะล้อ
ダン・ニー đàn nhị
ベトナム
ダン・ニー(đàn nhị) ベトナム
ビザーンチ
モンゴル

この楽器は4本弦で2組に分かれている。弓の毛は2束あって、それぞれ2組の弦に対応している。
ビザーンチ モンゴル

2017年2月2日木曜日

日本の弓奏楽器

胡弓とか胡琴という名前は、中国の二胡(にこ/アルフ)なども含めて東アジアでの弓奏楽器の総称になっているようだ。そんな中で日本には胡弓と書く楽器が2種類ある。

 胡弓はそのまま「こきゅう」と読むが総称ではなく個別の名称として「こきゅう」だ。三味線を小さくしたようなデザイン。
 そして、琉球にも胡弓があり、これは「クーチョー」と読む。こっちは三線(さんしん)の胴体を丸くしたようなデザイン。
胡弓 こきゅう
こきゅう

胡弓 クーチョー
クーチョー

2017年1月3日火曜日

ハーディ ガーディ hurdygurdy

ハーディガーディは、ロジンを塗った円盤を回して弦を擦って音を出す。
弦のピッチを変えるキーが備わっており、このキーを操作することによってメロディを奏でることができるようになっている。
メロディ用弦の他にドローン弦(共鳴させる弦)が付いており、バグパイプと似た音の構成で演奏する。
ハーディガーディ hurdygurdy
瓢箪形の胴体を持つハーディガーディ

最初は瓢箪形(ギターのような形)が多かったが、丸みを持った二等辺三角形(リュートのような形)に変わって来た。
二等辺三角形の胴体を持つハーディガーディ

ハーディーガーディが生まれる以前には オルガニストルム(Organistrum) という大型で二人で演奏する楽器があった。ハーディーガーディは一人で演奏ができるように改善された楽器だという。
オルガニストルム Organistrum
二人がかりで演奏するオルガニストルム

弦鳴楽器(弦楽器)
撥弦楽器(はつげんがっき)
リュート属
チター属
ハープ属
擦弦楽器(さつげんがっき)
弓奏楽器(きゅうそうがっき)
リュート属
チター属
打弦楽器(だげんがっき)
弦を振るわせて音を出す楽器が弦鳴楽器(弦楽器)である。弦を振動させるために、弦にエネルギーを与える方法はいろいろあるのだけれど、まず、3つに分けることにしましょう。
(1) 弦をビンビンと弾く(はじく)方法。撥弦楽器。
(2) 弦をギーギーと擦る(こする)方法。擦弦楽器。
(3) 弦をポンポンと叩く(たたく)方法。打弦楽器。
で、ここで紹介しているのは弓奏楽器。「ゆみでかなでるがっき」ということであって、そのままの表現。それって、弦をこするのだから「擦弦楽器」じゃないですかいな。
そうです。その通り。
じゃあ、なぜわざわざ「弓奏楽器」とかいうのかというと、擦弦楽器でも弓を使わない楽器がある。
例えばハーディーガーディーなんかはそうだね。 ハーディガーディ
ハーディガーディは弦を擦って音を出すのだけれども弓を使わない。円盤をクルクル回して弦をこする。つまり擦弦楽器だけれども弓奏楽器ではない、というわけ。